和紗の独り言

和紗のブログ





スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





見た目と違って構造物は思いの外軽い

現在はプラスチック樹脂などで工業製品の試作品をつくることが多い3Dプリンターだが、住宅に転用するには強度など様々な課題がある。
田中教授は最大の課題である住宅の根幹を担う壁材の一部を製造する研究の真っ最中。
実際に作った構造物を使い、屋上で組み立ててくれることになった。
大理石のような白色をしたブロック状の構造物が重ね合わせられ、壁のような物ができあがっていく。
構造物は内部が鳥の巣のように、ところどころ空洞になっていて、太陽光も風も通り抜ける。
壁といえばコンクリート製で無機質なイメージを想像するが未来の壁は想像通りではないと田中教授は言う。
空気や光、湿気など必要な分だけ家の中 に取り入れ、必要でないものは遮断する。
人の住生活にあった家造りをするには複雑な形状を持った建材が必要だが、3Dプリンターを使うことで実現が可能になるという。
どのように製造するのだろう。
研究室に場所を移すと、高さ2メートル30センチほどある3Dプリンターが音を立てて稼働していた。
200度ほどの熱で溶かされた樹脂は、タンクとホースでつながった直径約1ミリメートルのノズルから細い線になって排出され始めた。
ノズルは田中教授の設計プランに合わせて3次元的に動き、一筆書きで空中に絵を描いていく。
重ね合わされた線状の樹脂は少しずつ積み上げられていき、35センチメートル四方の構造物が姿を現し始めた。
構造物は3時間ほどで完成した。
時間は強度や デザインによるそうだが、見た目と違って構造物は思いの外軽い。
あと、追加でこんなネタも。
ノーノースメルは、まるでハンドクリームのような伸びのよいクリーム状態です。
指の間や足の裏に伸ばしやすいので、とても使いやすいです。
ノーノースメル

 

 

posted by 18y2a69kazusa 10:38comments(0)|-|





バブル懸念が強まる新興国の投資ブームが反転すれば

これらは投資不適格とされる格付けがダブルB格以下の債券だ。
債務不履行のリスクが高い分、利回りは4〜7%台。
流通利回りがマイナス圏に沈むものも多い先進国の国債よりも高い。
運用難に悩む世界の投資家にはリスクに目をつぶってでも少しでも高い利回りを求める動きが強まり、低格付け債券への資金流入が加速。
アルゼンチンやウクライナが発行した国債は発行額の3倍、セネガルの国債は8倍の応募が集まった。
新興国企業の社債発行も活発だ。
アリババや中国中信集団など中国企業に加え、南アフリカの金鉱会社シバニェ・ゴールド傘下の採掘会社やブラジルの金融大手イタウ・ウニ銀行など低格付けの企業も大型起債に踏み切った。
中国政府が資本流出 や不動産融資を抑えようとする中、中国企業は海外でのM&Aや不動産投資の資金を確保するために外貨建て社債の発行を加速。
中国企業の発行額は新興国社債の約6割を占めた。
18年も高水準の発行が続くとの見方が多い。
ドルやユーロの金利が上昇する前に低利資金を確保したい国や企業が増えるとみられるためだ。
中国では1月に入り、騰訊控股が50億ドルの社債発行を決めた。
一方、負債が膨らめば将来のリスクも高まる。
米金利上昇によってドル高・新興国通貨安が進めば、自国通貨に換算した債務が膨らむからだ。
投資家はこうしたリスクに目をつぶって投資を加速しておりバブルの様相が強まっているとの声も出ている。
過去には1997年にアジア通貨危機が起き、資金を投じていた 海外投資家が引き揚げ、タイや韓国などが経済危機に陥った。
バブル懸念が強まる新興国の投資ブームが反転すれば、新興国の経済を下押ししかねない。
それから「ランドセルのフィットちゃん…女の子」について。
ランドセル女の子
やっぱり一番大切なのはランドセル選びじゃないでしょうか?
一番やんちゃで動き回るこの時期、なるべく丈夫で長持ちするランドセルを選びたいものですよね。
そんなパパママ、そしておじいちゃんおばあちゃんにおすすめなのが「フィットちゃんランドセル」です。

JUGEMテーマ:ランドセル

posted by 18y2a69kazusa 13:49comments(0)|-|





ネットリテラシーを高める教育を充実させることが必要

会社には罪を償えといった中傷や脅迫めいた電話が相次ぎ、ピーク時は1日100件以上も。
福岡県警は、ネットに情報を流した数人の関係先を名誉毀損容疑で家宅捜索。
石橋社長は事実無根で取引先の信頼も失った。
同様の被害が出ないように捜査してほしいと訴える。
17年12月には米軍普天間基地近くの緑ケ丘保育園の屋根に米軍ヘリコプターの部品が落下した事故が発生。
自作自演疑惑が浮上など根拠のない情報が一部サイトで拡散した。
以降、園には中傷の電話が殺到。
子供を預けられないなどと書か れたメールも送られた。
神谷武宏園長はなぜこんな被害に遭わなければいけないのかと途方に暮れる。
被害は全国各地に及ぶ。
法務省によると、誹謗中傷やプライバシー侵害などのネット上の人権侵害は16年に1909件に上り、4年連続で過去最多を更新した。
背景にはスマートフォンの普及に伴い、誰もが気軽に投稿できるようになったことがある。
サイト開設者が閲覧数を稼いで、広告収入を得るための書き込みにより被害を受けたケースもある。
ある俳優は違法薬物で逮捕などと虚偽の中傷記事をまとめたサイトが掲載され、俳優の仕事に影響が出るなどしたという。
警視庁は17年7月、偽計業務妨害容疑で男女3人を書類送検しており、調べに対し興味を引いて閲覧数を伸ばし、広告収入を増 やしたかったなどと供述した。
法務省は被害者に、サイト管理者に削除依頼する方法を教えたり、直接管理者に削除要請するなどの対応を進めている。
自身もネット上の中傷を受けた経験を持つ唐沢貴洋弁護士はネット上で中傷する人には罪の意識がない人が目立つ。
ネットリテラシーを高める教育を充実させることが必要と指摘する。
じゃあ、気になるキーワード「車のシートカバー」についてです。
車シートカバー
ちょっと上級の車種ではアルカンタラという、革素材に似た材質が使われています。
一般的な車のシートを本革に仕様となると、最も大規模なカスタマイズでシート自体の交換となるのですが、シートは車の機能の一部という説もあり、他社種の流用はおすすめできません。
そこで、元のシートにカバーをかぶせて本革シートにするという手法がベストなのです。

JUGEMテーマ:カーメンテナンス

posted by 18y2a69kazusa 18:04comments(0)|-|





メディアとしての競争力は高まる可能性がある

フェイスブック幹部は17日、米上院の通商委員会でテロリズムと交流メディアをテーマに証言に臨む。
政治圧力で規制をかけられる前に自主的に対策を打ち出したようだ。
新方針の公表を受け、米スタイフェルはフェイスブック株の投資判断を買いから中立に引き下げた。
業績に与える影響の不確実性が大きすぎるためという。
だが、他のアナリストは総じて業績への影響は心配するほどではないと冷静だ。
ネット広告収入は掲載頻度と平均単価のかけ算。
フェイスブックの広告掲載頻度は17年1〜3月期の前年同期比32%増か ら、7〜9月期は10%増に鈍った。
一方、平均単価上昇率は同期間に14%から35%に拡大した。
今回の決定で掲載頻度の伸びが止まっても単価上昇で相殺できるとの見方がある。
単価上昇を支えるのが高シェアを背景にした価格支配力だ。
業界団体の最新の集計では17年4〜6月期、米国のネット広告市場は前年同期比23%増えた。
ピボタル・リサーチ・グループのブライアン・ウィーザー氏は市場規模の増加額のうちフェイスブックとグーグルの2社が83%を占めたと推計する。
登録者が20億人を超え、14億人が毎日利用するフェイスブック。
これだけの規模を持つネットメディアはほかに見当たらず、競合相手は現れにくい。
第2の柱である写真共有アプリインスタグラムの会員急増も、アナリ ストの強気の見方につながっている。
バークレイズは新方針は18年の増収率をほんの数%押し下げるだけと予想する。
むしろ、友達の投稿を優先表示するのはヘビーユーザーからは歓迎されるとの指摘もある。
結果的に利用者の満足度が上がり、メディアとしての競争力は高まる可能性がある。

 

JUGEMテーマ:ネットビジネス

posted by 18y2a69kazusa 18:02comments(0)|-|